スポーツ障害の為の整体

スポーツ障害を起こす原因のほとんどは、スポーツのやり過ぎ・使い過ぎと言われています。競技スポーツ、学校スポーツ、健康スポーツなど、いろいろなレベルでのスポーツ活動がありますが、注意していても骨折・捻挫・挫傷・打撲などのケガはします。しかし、スポーツ障害を起こしては、スポーツを楽しく続けられません。障害を防ぐことは我々の使命です。自己治療に頼りがちなスポーツ障害ですが、大事なのは正確な診断と早期の適切な治療です。“ケガや痛む部位がどうも良くならない”“いつもと違う”などの場合は、早く受診することをお勧めします。早期にきちんとした治療が行われていれば、スポーツにも早く復帰できます。痛みは身体からのサインです。“ちょっと捻っただけ”“ただの打撲”と思わず、また、周囲からの色々な情報や、不確実なアドバイスに惑わされず、まずふじもと鍼灸整骨院のスポーツ障害の為の整体をお試しください。当院ではスポーツ障害の予防、ケガの早期治療、スポーツへの早期復帰を目指し、治療の一環として身体状況(バランス)のチエックと練習方法(トレーニング)の指導、体の手入れ(ストレッチ)法など、総合的に行っています。


ふじもと鍼灸整骨院は和歌山県下に3院ございます

ふじもと鍼灸整骨院 岩出院ふじもと鍼灸整骨院 砂山院ふじもと鍼灸整骨院 橋本院

運動中だが痛みや故障で悩んでいる方へ

何が原因かわからない場合は、悩んでいないで精密検査など受けましょう。
痛みは身体に対する警告反応なので、痛みを我慢して動いてはいけません。
痛み止めを飲みながら運動するのは、自殺行為に等しいのです。

痛みを感じる場所が、必ずしも病気の元とは言えないので(例え神経痛など)素人判断は危険です。

激痛か、軽い痛みか、痛みの程度で簡単な状態判断はできます。
運動時に痛みがでても終われば止む場合は軽症です。
安静時(寝る時など)にも痛みが止まない場合は早めの受診がお勧めです。

スポーツ障害に対して、痛みがなくなると”治っだ”と思いがちですが、しっかり治っていないと、再発する確率が非常に高くなります。常に心体の限界に挑戦することはスポーツの醍醐味だと思います。しかし、最も大事のことは、年齢、体力、技量などの個人差があるので、自分の身体の状態を知り、適切に手入れを行うことです。

治療とトレーニング

痛みなどの障害が起こった時は、放置せず、受診してきちんと治療を受けることが大切です。
ただ、全身を安静にする必要はなく、むしろ、ケガの治療中も、痛まずにできる運動を行っておくほうが、治療後、運動を再開する時に、スムーズに復帰できます。
肩のケガであれば、下半身の筋力トレーニングをする、膝の障害の場合は、上半身の筋力トレーニングをするなど、ケガをした部位に響かない運動を続けるようにするとよいでしょう。

スポーツ障害は早期に適切な施術をすることが大切

競技スポーツ、学校スポーツや健康スポーツなど、いろいろなレベルでのスポーツがありますが、どのようなレベルであってもスポーツ障害や外傷の危険があります。野球肩(三角筋炎 – 腱板炎 – リトルリーガーズショルダー)、野球肘、腰椎すべり症、サイクリング腰、ジョギング膝やウォーキング膝などなど、たくさんの症状があります。

他方、スポーツ障害は自己治療に頼りがちなのも事実です。“ちょっと捻っただけ”“ただの打撲”と思ってしまったり、周囲からの色々な情報やアドバイスに迷ってしまうことがあるかもしれませんが、まず専門家を受診して下さい。大事なのは正確な診断と早期の適切な治療です。

改善しない、違和感がある場合なども早期施術を!

たとえば“ケガや痛む部位がどうも良くならない”という場合や“いつもと違う”という漠然とした違和感がある場合などは、早く受診することをお勧めします。
スポーツ障害が早期の段階にきちんと治療することで、スポーツに早く復帰する可能性が高まります。痛みは我慢するものではありません。身体からのサインですので、きちんと対応することが後の為にも大切なのです。

痛みや故障で悩みながら運動を続けている方へ

痛みや故障の原因がわからないのであれば、ひとりで悩まず精密検査など受けましょう。痛みは身体からのサインです。無視したり我慢して動いてはいけません。痛み止め薬を飲みながら運動を続けることは自殺行為に等しいです。また、痛いと思うところとは違う場所が病気の原因になっていることもあります(例え:神経痛など)。したがって、素人判断も危険です。さらに、スポーツ障害については特に、痛みがなくなると”治っだ”と思いがちです。しかししっかり治っていない場合もあります。中途半端な状態で運動を再開すると再発する確率が非常に高くなります。心体の限界に挑戦することはスポーツの醍醐味ですが、自分の身体の状態を把握して適切に手入れを行うことが最も大切です。年齢、体力、技量などの個人差があるのでぜひ私どもにご相談下さい。

ふじもと鍼灸整骨院のスポーツ障害への対応

ふじもと鍼灸整骨院ではスポーツ障害の予防、ケガの早期治療やスポーツへの早期復帰を目指します。そのため、痛みのある部位だけを診るのではなく、身体状況(バランス)のチェックと練習方法(トレーニング)の指導や体の手入れ(ストレッチ)法などを一緒に見させていただき、総合的に対応しています。お体の状態にもよりますが、全身を安静にする必要がない場合はむしろ、ケガの治療中も、痛まずにできる運動を行うようアドバイスさせていただくことがあります。治療とトレーニングを同時に行っておくほうが、治療後に運動にスムーズに復帰できるからです。例えば、肩のケガであれば下半身の筋力トレーニングをする。膝の障害の場合には上半身の筋力トレーニングをする。このようなケガをした部位に影響がない運動を続けるようにするといった方法があります。